顧客満足度向上への取り組み

当社は、ISO9001の規格に準拠し、PDCAサイクルをまわし続けています

PDCAサイクル

PDCAサイクル説明

ISO9001の認証取得

平成21年11月、調査業務においてISO9001の認証を取得。
規格に準拠した業務手順、チェック体制を構築しており、高品質の成果品を提供することで顧客から高い評価を得ています。

JIS Q 9001:2008(ISO 9001:2008)
認証番号 MSA-QS-3594 (認証日:2009年11月27日)

MSA ms

ISO 9001:2008 認証登録
認証範囲:資材価格、料金及び工事費等の調査、集計に関する業務(適用除外:7.3)
認証部門:管理部、調査部、企画部企画情報課

品質方針

当社は、創立以来、信頼と実績で情報社会に貢献することの下に、調査機関として常に公正・中立な態度で調査活動に専念し、顧客満足を高める成果品を創出することを経営理念としています。
この理念に基づき「品質方針」を以下に定めます。

  • 市場流通の実態調査及び集計・分析を中心とする業務活動にあたっては、法令順守はもとより、顧客の 要求事項に的確に対応します。
  • 品質の高い成果物を提供して顧客満足の向上に努めます。
  • 会社全体として品質マネジメントシステムの有効性を向上させる継続的な改善を工夫し、実施します。

具体的な取り組み

1.社員教育への取り組み

当社の経営理念には、『社員こそ当社の最も重要な財産であり、当社の発展は、社員の不断の努力により実現される。そのため経営者は、このことを念頭において社員の育成と事業戦略の展開を行う』、とあります。
その経営理念に従い、当社では教育訓練体系を策定し、体系に沿って会社が主体となって職位別研修、ISO実務研修、業務スキル向上のための実務研修を計画・実施しております。このほか、社員が自発的に企画実施する実務研修が、毎月のように社内で行われています。

2.予防処置を含む、品質マネジメントシステムの継続的改善への取り組み

社内で策定された予防処置を含む品質関連情報は、策定された時点で社内共有されます。さらに年に1度、1年間のISO改善活動を総括する社内研修を通じて継続的改善を確実なものにしています。

3.社内ノウハウ共有化の取り組み

調査実施後、情報やノウハウの共有を目的とした勉強会の開催のほか、データ処理上有益なツール類の社内DB化を推進しています。

ページトップへ